読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どん底であり、無能だった私が本を読んで人生を変えたブログ

読書をすることで、人生を変えた私の話をしたいと思います!

「嫌われる勇気」は読んでも意味がない

読書

こんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます!

 

木曜のドラマと言えば、

香里奈主演の”嫌われる勇気”というドラマでしょう。

この”嫌われる勇気”という本は大変素晴らしい本であることは、

間違いないといえるでしょう。

 

嫌われる勇気という本のあらすじ

嫌われる勇気という本はビジネス書として、大変に人気であり、今でもAmazonの売り上げランキングなどでも2位などに入っているのですが、実際にどんなことが書いてあるのでしょうか?

 

おおざっぱに内容を述べると、他人の人生を生きていはいけないということでが書かれています。

他人からどう思われることを気にしたりすることを辞めることの大切さを教えてくれているのです。

 

そういった意味では人々をハッとさせてくれるような体験をさせてくれる本であることは言うまでもありません。自分の人生生きられているのか…?そこにハッとすることでしょう。

>嫌われる勇気 [ 岸見一郎 ]

価格:1,620円
(2017/3/7 22:49時点)
感想(411件)

なによりも行動することが大切

嫌われる勇気という本を読んでも、はっきり言って、意味がありません。もちろん、すばらしい本であることには違いはないのですが、何よりもそこに基づいて行動しないと何の意味もありません。

 

つまり、この嫌われる勇気を読んでハッとした感覚やこういう人生を生きていいんだと思う感覚を持たせてもらえるのです。

 

しかし、読んでも自分が変るわけではありません。本を読んでいる間はいいのですが、読み終わると現実にかけってきてしまいます。

 

何よりも大切なのは、行動することなのです。だから、本を読んだ後は、行動するということを決して忘れないでください

ドラマは正直硬すぎる

嫌われる勇気というと、ドラマ化までされたましたね。

ドラマで嫌われる勇気を表現し、視聴者に訴えようとするのでしょうが、

正直硬すぎます(笑)

これでは、人気でないだろうなと思いました(笑)

 

もっと、遠回しに気づかないうちに人々の心に訴えかけることができるようにならねば、面白いドラマとは言えないでしょう!