読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どん底であり、無能だった私が本を読んで人生を変えたブログ

読書をすることで、人生を変えた私の話をしたいと思います!

『人生を面白くする本物の教養』教養とは?本当の読書?

こんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます!

 

本日読んだ本は、

 

『人生を面白くする本物の教養』ということです

 

この本を読んでの感想とまとめについて書いていきたいと思います!

 

本の内容と感想

 

>人生を面白くする本物の教養/出口治明【2500円以上送料無料】

価格:864円
(2017/3/31 17:50時点)
感想(0件)

人生の教養という観点において、書かれている本ですね

 

この本自体が教養を広げてくれるような本になっていると思います

 

旅、人、読書このような観点を主に教養ということについて書かれています

 

なぜ、教養が必要なのか?

と思うところが正直私にはあります

 

なぜ、教養が必要なのか…?

 

この本ですこし、理解できるところがありました

 

この本で言うところの、腑に落ちるといったところでしょうか

 

教養というのは、

どれだけ常識を疑えるのかというところにあると思いました

 

つまり、世間一般の常識を理解したうえで

それを疑うことだということです。

 

それが知れたのはこの本を読んでとても大きかったのではないかと思っています

 

それ以外にも、旅のこと、人のこと面白いことが

たくさん書いてありました!

 

是非、読んでみるとよいと思います!

 

実践できそうだと思うこと

本を読むことの大切さは改めて認識することができました!

 

しかし、やはり一つ思うのはこのような本を読むのは

いつも本を読む人たちばかりなのだろうなとすごく思います

 

どれだけ、本を読むことが大切か…

 

この本を読んで、

私は今度古典に挑戦してみようかなと思うことができたのです

 

なので、私は古典に挑戦します。

源氏物語、方丈記など…

 

このブログを読んでいるのは読書好きの方が多いのかもしれませんが、

是非、この機会に本を読んでほしいなと思います!

まとめ

本を読むことは素晴らしいこと

それでも時間を言い訳に読む人が少ないということ

一日1ページでもいいから読んだ方が良い